^

HOME > サービス  >  グループウェア導入

グループウェア導入

社内に蓄積されている「情報」がもつ大きな「可能性」

グループウェアというと、スケジュール管理や情報の共有というイメージが先行しますが、「業務の中で蓄積したデータを業務にかかわるグループの中で有効に活用する」ためのデータベースツールで、スケジュール管理もその中の一つです。
販売管理ソフトも会計ソフトも、売上データや仕訳データを蓄積して活用するための基幹系のシステムで、パッケージソフトを導入することでシステム化されています。しかし、その他にも様々な業種・業務の中で蓄積されていく情報、まだシステム化されていない業務、円滑に流れていない情報は数多くあるはずです。
カスタマイズできるデータベース機能を持つ「グループウェア」は、現在の業務を大きく変えることができる可能性を持っています。

豊富な「カスタマイズ機能」

一般的なスケジュール管理や、顧客、タスク管理などの管理項目を自由に設計できるほか、新たにデータベースアプリケーションを作成することができるグループウェアもあります。
日報管理や案件管理、様々な業種に特化した管理項目など、自社に合わせて自由に作成して管理することができます。

取扱いソフト・代行サービス

「サイボウズシリーズ」

全国的なシェアを持つ代表的なグループウェアの一つです。ユーザーインターフェイスやカスタマイズ性に優れており、幅広い業種・業務で活用できる機能が充実しています。クラウド環境でのセキュリティも充実しており、信頼性の高いパッケージです。

  • サイボウズ Ofice10
    • 多機能グループウェアパッケージ
  • サイボウズ デヂエ8
    • WEBデータベース作成ツール
  • kintone(キントーン)WEBデータベース
    • クラウド型のデータベースアプリケーション作成ツール

OBC サイボウズシリーズ
サイボウズ株式会社 公式WEBサイト > http://cybozu.co.jp/

OBC「奉行Solusion」

OBC「奉行シリーズ」とのデータ連携ソリューション

OBC 顧客管理ソリューション

「レンタルサーバー」

サイボウズ対応レンタルサーバー

グループウェアの「運用環境」

ローカル環境での運用

クラウド環境での運用

クラウド環境(ASP)での運用